歴史・偉人

No.005 チュッパチャップスの都市伝説

チュッパチャプスとは、1958年にスペイン・カタルーニャのバルセロナで誕生した、棒付きキャンディの商品名の事である。アメリカ発祥と思われがちだが実際はスペインが発祥である。日本でも1977年から輸入販売をしており、国内でも代表的なキャンディーの1つとなっている。価格も当初から30円と、比較的高価な値段で販売されていたが2004年の7月1日には40円へと値上がりしてしまった。その背景にはこんな都市伝説があるのだ。

それは『チュッパチャップス』のオシャレなデザインの包み紙に大きく関係している。『チュッパチャップス』のデザインを手がけたのはあの有名な天才画家『パブロ・ピカソ』なのだ。パブロ・ピカソは、スペインのマラガに生まれ1973年に亡くなっている。『チュッパチャップス』を世界に売り出すというタイミングでメーカーがピカソに頼み込んで実現したのだという。

その著作権が高額で当初から30円という比較的高価な値段、そして原材料価格等の高騰で2004年にはさらに値が上がってしまったのだという。はたして著作権が切れ、チュッパチャップスが30円に戻る日は来るのだろうか?

関連記事

  1. No.008 トイザらスの都市伝説
  2. No.007 ポケモンGOとフリーメイソンの関係性
  3. No.010 スプラトゥーンの都市伝説
  4. No.006 スターバックスの都市伝説
  5. No.001 ビル・ゲイツの思惑②
  6. No.002 ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの都市伝説Ⅱ
  7. No.006 秘密レストラン『 クラブ33 』
  8. No.004 サーティワンの都市伝説

ピックアップ記事

ランダム都市伝説

  1. No.011 ラブライバーの心霊写真
  2. スタジオジブリの都市伝説
  3. No.001 となりのトトロの都市伝説

管理人厳選カテゴリ

PAGE TOP